aws運用を行う事でのメリット

aws運用を行う事でのメリット

企業のインフラ周りは、オンプレミス環境からクラウドへと移行しています。大企業でもクラウドサービスへの乗り換えが急激に進む中、一番のシェアを誇っているのがアマゾンが提供しているawsです。クラウドサービスには、オンプレミスでは享受できない様々なメリットがあります。

ここでは、企業が積極的にawsを利用する理由となるメリットをご紹介します。


コスト面でのメリット

awsを導入する最大の利点はコスト面です。通常、コスト面でのメリットは長期間利用する事で初めて恩恵を受けるケースが多いですが、awsに関しては導入時からコスト面のメリットを享受することができます。オンプレミスのサーバ環境を設置する場合、サーバの機器費用や設置などの技術費用、それに加えてサーバを設置するスペースの費用がかかります。

スペースの費用や電気代などは、ランニング費用として設置している間ずっとかかり続けます。しかし、awsはこれらの費用を一切必要としません。物理的なスペースを必要とせずに、新たに利用する場合でも機器の購入は必要なく、電気代なども一切必要としません。

必要なのはawsの規模に応じた利用料金のみです。そのため、awsとオンプレミス環境では導入段階からかかるコストに大きな差が発生します。

規模の大きなサーバを必要とする大企業になればなるほど、このコストの差が大きくなるため、awsの導入は経営戦略の一つとして注目されています。

自由なサイジングが可能

業務は1年を通じて常に一定であるとは限りません。そして、業務の規模とサーバの容量は概ね比例します。業務を拡大する事を視野に入れたサーバ容量を確保しておくのが一般的です。業務の規模が萎んでいる状態ではサーバの容量に無駄が発生してしまうというデメリットがあります。

サーバを使用する量が小さくても、物理的にサーバの大きさを小さくしてスペースを確保したり、電気料金を安くする事はできません。しかし、awsではこのサイジングを利用状況に応じて自由に変更する事ができます。あまりサーバの容量を必要としないシーズンにおいては契約量を小さくし、必要最低限の量に留めておくことができます。

また、繁忙期などサーバ容量を多く必要とするシーズンには、その分契約を拡大して容量を多く設定することが可能です。契約を細かく調整することができるため、無駄なサーバ容量を発生させない運用が可能になります。もちろん契約途中で急に拡大したい場合などの事象が発生した場合でも柔軟にサーバ容量を変更する事ができるため、安心してawsを運用をする事ができます。

最先端の技術とセキュリティ

クラウドサービスのサーバは中央で管理されているため、常に最新の状態に保持されています。オンプレミス環境では自動で最新の状態にすることができず、バッチをあてて最新の状態を保持する必要があります。都度コストも発生するため、維持するだけのランニングコストも準備しておかなければなりません。

最新の状態にしておくのはセキュリティ面で最も大事です。ITを狙う攻撃は常にいたちごっこです。セキュリティを守る側は常に最新の状態で構えておく必要があります。いつ襲ってくるか分からない攻撃に対応するためにも、最先端の状態を維持するのが最も望ましいのです。

そういった意味でも、awsは利用環境にかかわらず常に最新の状態を保持しているため、安心して利用する事ができます。

構想から実装までのスピード

ビジネスのスピードはどんどん速くなっています。アイデアや規格はすぐに実用していかないと時代のスピードについて行けなくなるでしょう。オンプレミス環境で新しい事を構築するには、環境の準備からはじめ機器の購入や設置などを経て、システム構築へと取りかかります。

構築後テストを経て運用開始となりますが、ここまでに非常に多くの日数を要します。企画段階から運用開始までにビジネスが変化し、既に要件を変更せざるを得ないケースも出てきます。せっかくコストをかけて途中まで実装しても、無駄になってしまうこともあるでしょう。

awsはこのような事象を回避する事も可能です。awsは契約すればすぐに利用できる環境を入手でき、すぐにシステム開発に着手できます。そのため、ビジネスチャンスを逃さずにシステム化を実現することができます。

高額なサーバを購入するオンプレミス環境では、減価償却などを鑑みて将来的に採算が取れるかを検討するビジネスプロセスも必要になりますが、awsを利用する場合にはサーバの利用料金だけがコストとして計上されるため、費用対効果などを検討する手間を必要としないのが特徴です。

サービス稼働までに時間と労力を要せずに、カットオーバーさせることができるのがawsの特徴です。

『awsの導入後の課題は運用研修の実施』

既存システムとの融合

awsはメリットが多いですが、既存のオンプレミスのシステムを廃止する事が難しいケースもあります。awsの価値は分かっていても移行できないケースの多くは、既存システムの弊害でした。しかし、awsは既存システムとの接続を簡単にし、パラレルで運用できる仕組みを展開したことでその後の利用率が一気に向上した経緯があります。

既存システムとの連携方法やAPI連携を使用してリアルタイムで情報連携する方法、日次バッチ処理を活用する方法など既存システムとの接続方法は様々ですが、どんな形態の既存システムでも対応できるのがawsの特徴です。

これにより、メインサーバとして利用する事以外にも、データ保管サーバやミラーサーバとしてawsを活用する方法なども注目されています。

既存システムとの同期を行うことで、社内での活用とセキュリティを担保しながら社外での利便性を向上させるなど、お互いのメリットを享受できるのがポイントです。

セキュリティに慎重な金融関係の会社などでもawsの一部利用を検討するケースも増加しています。awsとの接続時には高度なセキュリティ要件を必要としますが、awsの内部では高いセキュリティに保護された環境にあるため、セキュリティ要件の高い会社でも対応できるようになっています。

このような既存システムとの併用により、awsの価値は更に高まっています。

awsはビジネスの様々な観点でメリットがある

クラウドサービスは、企業の標準ツールとして選ばれるようになっています。その理由はコスト面やセキュリティ面、導入面など様々な面においてメリットがあるためです。既存のシステムが弊害になっていたケースもパラレル運用ができるようになって解決するなど、awsのデメリットがクラウドサービスの進化によりなくなることで、更にaws運用の価値が高まっています。

『awsの運用管理ツール導入で高度化』