awsの運用管理ツール導入で高度化

awsの運用管理ツール導入で高度化

awsは非常に汎用性の高いクラウドサービスですが、運用管理についてはシステム管理者目線で作られており、awsを運用する現場での目線では難易度が高く感じられることがあります。また、システムを高度に利用しようとする際に、どうしても管理者の手作業が入ってしまいます。

これらの悩みを解決するのがawsの運用管理ツールで、運用を高度化するのに最適なツールです。ここでは、導入のメリットやポイントなどをご紹介します。

『awsの導入後の課題は運用研修の実施』

運用管理ツールを導入するメリット

awsはアマゾンが提供するクラウドサービスです。汎用性が高くカスタマイズすることができる点がメリットであり、大企業でも利用されています。awsはシステムの一つですので、構築して運用する事を高度化し、より利便性を高く効率的に利用していくのがベストな運用です。

awsの単体の機能でも十分すぎるほどの多機能さを持っていますが、それらの機能を連携して更に効率化を図るためには特別な運用管理ツールが必要になります。

運用管理ツールは、awsの単体機能を組み合わせたアイデアを実現させたもので、awsの知見がない人でも簡単に利用する事ができ、初心者にもわかりやすく表示させることができます。また、自動化ツールを取り込めば、一定の条件などをトリガーに自動化させることができるため、工数削減を実現することができます。

awsの利用ニーズはawsの運用範囲内に限らず、既存のオンプレミスへの接続や他組織へのAPI連携なども実現可能です。このようなシステム結合を一元管理する際にも、運用管理ツールが便利です。オンプレミスシステムに対応する場合には、運用管理ツールを専用にカスタマイズする必要がありますが、システムの一元管理を行えば運用を確実に高度化できます。

運用管理ツールでawsの自動化

運用管理ツールを用いた具体的な高度化内容について見ていきましょう。まずは、自動化による高度化です。インスタンスの起動や停止などの簡単な操作だけでも、毎日のルーティン作業となれば人的工数がかかります。人間が対応する場合には作業を忘れたり、漏れる事もあります。

そして、その作業ミスによりビジネスに致命的な影響を及ぼす可能性もあります。運用管理ツールを用いて自動化する事で人的ミスを防止し、時間通りに予定された通り確実にプログラムを実行することができます。また、運用管理ツールは条件をもとに連動するシステムを操作することができます。

例えば、一定の時間になったときにインスタンスを停止し、異なるサーバに接続先に切り替えるような方法です。自動化はawsの範囲だけには限りません。オンプレミスのシステムと連動させている場合には、システム間の連動を運用管理ツールで結ぶこともできます。

一定の時間になれば、接続先をオンプレミスのシステムからawsのインターフェースに切り替えるなどです。一定の時間やある条件を満たしたときにトリガーでシステムに自動的にアクションを起こす事はプロセスのニーズが多いため、この自動化を実現させるために運用管理ツールを導入するケースは数多くあります。

運用管理ツールでawsの利用状況を可視化

もう一つの事例が運用の可視化です。awsには標準的にダッシュボードの機能がついているため、標準的に可視化はできていますが、あくまでも単体の機能におけるダッシュボードです。稼働状況はインスタンスやアプリケーション別しか管理できず、すべてのインスタンスを結合した状態などでは見ることはできません。

運用管理ツールを入れる事で、これが可能になります。運用管理ツールはawsの初心者も利用したいといったニーズが多いため、初心者がよく利用するダッシュボード機能を充実させているツールが多くなっています。稼働状況の管理は、今の状態を表示するリアルタイム管理と過去のヒストリカルレポート管理があります。

定点管理が今までの主流でしたが、時系列でわかりやすく表示させるなど、ダッシュボードの表示内容の工夫もされています。運用管理ツールには予め設定された汎用性の高いダッシュボード以外にも、カスタマイズさせたダッシュボードを組み込むことも可能です。

例えば、オンプレミスの稼働状況を一元管理したり、APIで連携されたシステムから取得した情報管理も可視化することができます。これらの情報はawsのインスタンスの中に一時的に情報を蓄積し、ダッシュボード化するなど工夫が必要ですが、とても見やすく使いやすいダッシュボードを実現させることもできます。

『awsの運用コストを下げる方法』

運用管理ツールでawsの監視を適正化

運用管理ツールのもう一つのメリットが監視です。監視はawsのオプション機能として利用する事ができますが、この監視状況をダッシュボード化して管理をしやすくしたり、専用のレポートを出力する機能を追加、さらにはUIを工夫して初心者でも監視機能を調整できるようにする事もできます。

awsが提供しているオプションの監視ツールは、システム管理者向けに提供されているサービスであるため、見やすさや操作性に関しては初心者向けではありません。複数のインスタンスなどを同時に監視する場合などは、経験や知識も必要になります。

また、監視状態を確認するのはシステム管理者のログイン権限だけに限られるなど使い勝手に難がある点もあります。これらの使いにくい点を運用管理ツールですべて解決することができます。監視はawsを利用する上で最も重要なセキュリティ事項です。

システム管理者ではなく、監査部門やセキュリティ部門など別部署のユーザでも利用できるようにするニーズなどに応えることができます。

awsの運用管理ツールの導入ポイント

awsの運用管理ツールは、各社が開発してサービスを提供しています。それを選ぶ際のポイントがいくつかあります。まず、インターフェイスです。使いやすさを追求して作られているかを確認しましょう。毎日利用するもの、そしてawsの初心者でも使える内容になっているかを確認することが大事です。

次に、汎用性です。ある程度自分たちでカスタマイズする事ができるかどうかです。ガチガチに固まった運用管理ツールで、少しでも変更があると費用がかかるのであれば使い勝手は良くありません。そして、保守やサービスについてです。

awsの仕様やバージョンが変わる事で、運用管理ツールが利用できなくなってしまう可能性もあります。保守やサービスがどこまでカバーしているのかを確認する事が大事です。これらのポイントを考慮しつつ、運用管理ツールを探すのがベストです。

awsの運用管理ツールを利用すれば、awsが身近なものへとなる

awsは単体では管理しにくい一面もありますが、運用管理ツールを導入することで自動化の実現やダッシュボードなどの可視化、そして監視の適正化を実現する事ができます。aws内部だけにとらわれず、API連携やオンプレミス連携のシステムとの一元管理も可能です。

awsの運用管理ツールを利用すれば、awsの利用価値を一層高めることが可能です。

『aws運用を行う事でのメリット』